中古車の車査定には企業独自の採点方法がある

中古車の車査定には企業独自の採点方法がある

中古車の車査定で相手に情報は伝えないように

中古車の車査定で重要になって来るのは、相手のペースにはまらないというのは鉄則に成っているのではないでしょうか。どんな交渉事でもやはり、有利に運びたいと思うのならば自分がコントロールしなければならないでしょう。しかし、コントロールをしたいと思っても、相手は百戦錬磨の業者さんです。そう簡単に行く物ではありませんよね。だから、もし、どうしようも無くなってしまったら黙ってしまうのも一つの方法かもしれません。例えば、業者さんとしては、もし、他の業者さんと取引をしていると、必ず、どれぐらいの査定額が出たかを知りたいと思うのではないでしょうか。そして、その査定額を基準に考えて行く物だと思います。だから、そういった質問では黙ってしまうのも良いかもしれません。相手に有利な情報を与える事は止めた方が得策ではないでしょうか。他にも幾らぐらいの査定額ならばオーケーを出してくれるのかも、聞いて来るかもしれません。これも、素直に言わない方が良いかもしれません。だから、もし、そういった事を言われたら、高い値段とでも言っても良いのではないでしょうか。

少なくとも素直に情報を相手に伝えなければならないという理由は無いのです。少しでも情報を伝えるとそれを基準にして査定士さんは交渉を始めてしまうのです。しかし言わない方が、より高い査定額を出してくれる場合も多いので、出来るだけ、言わないように注意しなければならないでしょう。


Copyright(c) 2017 中古車の車査定には企業独自の採点方法がある All Rights Reserved.