中古車の車査定には企業独自の採点方法がある

中古車の車査定には企業独自の採点方法がある

中古車としての車査定について

新車で購入したものであっても、売却するときには中古車となってしまうわけですが、そのときには買い取りの業者による車査定が行われます。私自身、自動車ではないのですが、バイクの査定をお願いし、売却した経験があります。その際、売却に際しては車の状態によって、そしてまた地域によってその買い取り金額等も変わってくるというのを初めて知りました。もちろん、車の状態によって変わるのは知っていましたが、全国で同じ価格で購入しているはずなのに、地域によって買い取りの金額が10万単位で異なってくるということには驚きを禁じえませんでした。また、地域によっての金額差だけではなく、シーズンによっても査定金額というものは変わってくるそうで、自身が売却した時は、査定金額が大きく下降するギリギリのタイミングでした。

特にバイクの場合は、そうしたシーズン性があるため、仕方のないことなのかもしれませんが、春先に売却した場合と冬に売却した場合とでは、こんなに差があるものなのかと、驚いたことを覚えています。とにかく、車体自体はキレイに使っていたため、傷もなく、またエンジンの状態も良好、走行距離も少なく、年式も新しかったことから、査定金額としては、そこそこいい値段をつけていただきました。あえて自分で運転して査定業者の方に持っていかずとも、電話1本で直接来てもらえるため、そうした意味では便利だなと思いました。こうした査定においては、業者によって提示される金額が違うようなので、様々な業者に査定をお願いするのが良いのかもしれません。


Copyright(c) 2017 中古車の車査定には企業独自の採点方法がある All Rights Reserved.