中古車の車査定には企業独自の採点方法がある

中古車の車査定には企業独自の採点方法がある

中古車の車査定の際に気をつけるべきコツ

長年愛用してきた愛車を乗りかえなどで手放すときには、必ずと言ってよいほど車査定を受けると思います。新車の購入であっても、自動車販売会社で中古車として査定されますし、もちろん中古車ディーラーに持ち込んで車査定をしてもらうこともあるでしょう。

しかし、愛着のある車を実際に査定を受けてみると想像以上に安かったりすることもよく聞く話です。乗っている年数も、走行距離も、車のコンディションもそんなに悪くないのに、査定結果を聞いてがっかりする方も多いと思います。こんなとき、劇的に査定額がアップするというわけではないのですが、ちょっとしたコツで査定額がアップすることがあります。

たとえ、買い取る相手の立場に立って考えてみると、車内がきれいに清掃されて、においや汚れもなく、外装も傷もなく、ワックスでツヤのある状態だと、手入れが行き届いて大切に乗られていたと心象がよくなります。さらに、スポイラーなどの装備品も車の見栄えを良くするパーツは魅力を増しますし、純正のパーツが手元にあるのでしたら一緒に持ち込むと付加価値がアップします。さらにオーナー履歴や修理履歴などもわかればプラスになることもあります。特に内装品部品の電気系統の動作確認などで不良があれば保障の範囲内で修理しておくことをお勧めします。最後に大切なことは、売るシーズンを間違えないということです。冬に活躍しそうな車種は冬にスノータイヤを付けて売るほうが夏に売るよりも高く売れます。売る時期を適切に検討することも大切なコツです。


Copyright(c) 2017 中古車の車査定には企業独自の採点方法がある All Rights Reserved.